本紹介12:村上春樹・柴田元幸『サリンジャー戦記』 Flipper's Guitar(Double Knock Out Corporation)"Goodbye Our Pastels Badges"

2013.03.17 Sunday 06:30
0

    サリンジャー戦記TOYOに好意的だったサリンジャーを語る上で、村上春樹は外せません。村上春樹はサリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の新訳を世に出すほど、サリンジャーから影響を受けています。【旧訳は『ライ麦畑でつまかえて』(野沢孝訳)】

    アメリカ文学研究者の柴田元幸、村上春樹が、サリンジャーの著作の魅力、謎解きを対談形式で著した本が『サリンジャー戦記』です。(追記:『キャッチャー・イン・ザ・ライ』に関する村上春樹の訳者解説が、本書に収録されており、それだけでも本書の価値はあるでしょう。版権の制約で訳書に掲載できなかったそうです。)

    ところで『ライ麦畑でつまかえて』、君も読んだ?世界的なベストセラーだから読んだことがあるかもね。でも読後、なんかスッキリ腑に落ちないモヤモヤ感、なかった?この対談本、お薦め。ぜひ読んでみて!「若い人の考えていること、よく分からん」と嘆いているupper世代、upup、アプアプ困っている方にもヒントがあるでしょう。

    文中の「ホールデン」とは、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の主人公の青年です。古い日本の「家」、父性の消失、と自分が解釈した部分の引用です。

    編集部 でもホールデンって、いまどきの「パラサイト」たちとちょっと似ているというか・・・

    村上 そうですね。逆に言えば、『キャッチャー』のそういう社会背景みたいなのが、今の若い人たちにはかなりすらっと理解できるんじゃないかな、という気はするんです。今の日本はたまたま不景気だけど、戦後の長い繁栄の中で、社会的資産はもうある程度できているわけですよね。そういうものが一種の都市資産階級を形成している。そんな時代に生まれた子どもたちって、多かれ少なかれホールデン的というか、消費と生産が結びつかないという傾向はありますよね。

    柴田 それは、1950年代のアメリカと、2000年代の日本が似ているということですか?

    村上 似ているところはあると思いますよ。階級的に。

    柴田 階級の分離の仕方が似てきたのかなあ。

    村上 うん、好むと好まざるとに関わらず、日本も階級社会になりつつあると思うんです。バブルを越えて、みんなが中産階級という横並びの時代から、勝ち組、負け組に分かれていくわけですよね。銀行やら社会やらがふるい落とされていくみたいに。それから、都市専門職という階層が力を持ち始めます。アーバン・プロフェッショナル。ホールデンの父親みたいな階層です。そしてそういう人たちは、子どもたちをだいたいプライベート・スクール(私学)に入れます。家族というものもほとんど解体してしまっている。かつて日本文化を規定していた家族という枠組みが消えつつある。かろうじて実効的に残っている家族関係は、さっき話に出た「パラサイト」くらいになってしまう。

    次の曲はフリッパーズ・ギター!作詞が小沢健二、作曲が小山田圭吾(コーネリアス)です。2人ともイニシャルがK.O・・・だからKnock Out Corporation!センスいいでしょ?また小沢健二が慶應じゃなくて東大在学中(当時)というオチを込めているそうです。

    『サリンジャー戦記』とフリッパーズ・ギター。関係ないように思うでしょ?非常に関係があるんだなぁ、これが。詳しくは明日の記事で!
    デビューアルバムでこんな洗練された音楽を、日本で作った奇跡。それを、リアルタイムで堪能できた幸せを思い出しながら・・・


    Flipper's Guitar(Double Knock Out Corporation)"Goodbye Our Pastels Badges"
     

    はずせ、僕らのバッヂをアノラックからはずせ
    引き出しの中にしまっておこう
    そして僕らは誓う、あの気持ちを決して忘れないと
    だから、さようなら

    地下鉄に乗っていて時々さびしくなる
    けれどもカミソリがあらわれて切り裂く
    そうだ 僕らのロリポップは何か純粋なものだった
    だから今は大好きなシャツを脱ぎ捨てて

    category:ベクトル | by:坂本ヒロミツcomments(0)trackbacks(0) | -
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL