自己紹介「坂本ですが?」-3

2017.02.03 Friday 00:00
0

    坂本ですが?-3【右画像:佐野菜見『坂本ですが?』】

    昨日記事の続き)
    M君、ものすごいハニカミ屋さんでした。なので、遊びに行くと必ず人生ゲーム、ファミコンなどのゲームをしました。マリオなど、ね!懐かしいっす。

    当時、(少年ジャンプみたいな)月刊コロコロコミックという漫画集に、「ゲームセンターあらし」があり、「ギャラクシアン」「パックマン」などのゲーム攻略に繰り出す技があって、「ウォーッ!●●〜!」など技名を連呼、バカ笑いしながらTV画面に立ち向かっていました、2人。

    地方の公立中学を出て、公立高校に入学した私、まだ進路は決まっていませんでした。

    音楽好きが昂じてバンドの掛け持ちをしたり、部活したり、テキトーに過ごしていたのですが、高校2年の時、真剣に自分に向き合った結果、医学部を目指すことにしました。

    自分が死の淵を歩いたこと、徐々に動けなくなっていくM君に接しながら、考え抜いた帰結でした。それから約1年半は、もう死に物狂い!明けても暮れても勉強。でも時既に遅し!現役合格はできず、浪人生活に入りました。

    東京に出た私、裕福な家庭でもなく、1年間限定の約束で「背水の陣」だったため、精神的な余裕がなかったんでしょうね。M君の家に行くことはできませんでした。その代わり手紙のやり取りをしていました。

    浪人生活半年を過ぎた10月末、「M君が亡くなった…。前日の夜までは普通だったけど、朝布団で冷たくなっていた」と突然の訃報が、電話で告げられました。青天の霹靂。(明後日に続く

     

    再掲記事【2013年4月4日5時】

    category:自己紹介 | by:坂本ヒロミツcomments(0)trackbacks(0) | -
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL