自己紹介「坂本ですが?」-6 Pizzicato Five"Good Bye Baby & Amen"

2017.01.31 Tuesday 00:00
0

    昨日記事の続き)
    医師となって現代医学の良い面、悪い面にぶつかる中で、経験、伝統に根ざした医療の重要性に気付いた私は、2000年度、日本東洋医学会に入会しました。当時、時代の節目に立っていること、近いうちに現代医学が袋小路に入るであろうこと、を感じていました。その後すぐ、あの忌まわしい911が起きます。

    2001年3月末に解散したPizzicato Five、実質的な最後の曲にこんな歌詞があります。

    大好きだった20世紀 Bye bye Baby bye bye さよならサンキュー 愛してるよ バイバイ

    今でも聞くとせつなくなる曲で、当時の自分の気持ちに近い歌詞です。

    私は現在も、西洋医学の良い面は否定せず貪欲に吸収していますし、愛着がある医学であることは間違いありません。またその医学を生み出した大きな時代に立ち会えたことは、そしてまたその時代の終わり間際に起きた世界大戦に巻き込まれなかったことも、感謝すべきことでしょう。でも、そんな大きな時代にも、サヨナラ。

    2013年は後世、振り返ると大きなうねりが起きた年、として認識されるのでは?と直観があって、今年正月にブログをはじめました。あれだけ嫌いだったネット。こうして毎日、記事を書いているのが不思議!

    アンディ・ウォーホルが予想していた時代に突入してしまっているんですね。なりすまし(別人)に手を焼いた剛力彩芽ちゃんが最近、Twitterを始めましたが、negative(陰)な動機から自身の意見を発信する時代になっているんです。『リトル・ピープルの時代』。オザケンが子どもを授かりネットに発言したのも、その兆候のひとつです。

    ところで「計画的偶発性理論Planned Happenstance Theory)」って聞いたことあります?スタンフォード大学のクランボルツ教授が提唱したものです。その説によれば「個人のキャリアの8割は、予想しない偶発的なことによって決定される」そうです。

    もう半世紀といっても過言ではないこの40年強、振り返ると色々な出会いがありました。紹介したK先生、M君、今いろんな人の顔を思い出していますが、出会いって偶然なんだろうか?必然なんだろうか?いずれであっても、予想しない出会いで、私のように人生が変わってしまう者もいるってことは、間違いない事実です。

    君も私と同様、「さえねぇなぁ、この状況…」と思う出会いもあるでしょう。人やら仕事やら。でも、そのさえない出会いも、もしかすると何らかのcallingかもしれませんぜ。

    私もこれから半世紀弱、生き延びるかどうか分かりませんが…新しい出会い、まだ知らない君を思いつつ、未知の自分に出会いながら、頑張ります!忙しくて更新遅れて御免!

    Pizzicato Five"Good Bye Baby & Amen"

     

    再掲記事【2013年4月8日23時40分】

    category:自己紹介 | by:坂本ヒロミツcomments(0)trackbacks(0) | -
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL