東洋医学への頭作り:解答1 ブルース・リー"Don't think! FEEL!"『燃えよドラゴン』 Steve Jobsは東洋の禅が好きだった

2013.01.09 Wednesday 22:58
0
    さて、1月7日出題の答え合わせじゃ。2581=2

    解答法1:○の数の総和、です。数字を「図形」として捉えて眺めると・・・ほ〜ら。
       8は○が2つある→2、6,9は各々○が1つ→1、他の1,2,3,5,7は○がない→0。
       2581=(0)+(0)+(2)+(0)=2

    解答法2:線形回帰モデルで解析。
       ただし線形回帰モデルで解析可能という前提だが・・・。

       元ネタ(英語)
       (日本語訳)
     

    twitterなどで話題になった問題です。解答法2は知らない人が多いと思います。
    どうでしょう。解答法1はアナログ(数値化されない世界)、解答法2はデジタル(数値化)の違いはあれ、結果は同じでした。

    前者は「幼児であれば5-10分」、後者は「プログラマーであれば1時間以内で解ける」と元ネタに書かれています。時間的な勝負は、この問題に限定すれば、「ひらめき」のアナログの方に軍配!

    Focus In し過ぎて混乱するデジタル頭でっかちよりも、むしろFocus Outしてボォーッと眺めた方が、本質に迫ることもあるのです。

    西洋医学はデジタル的、東洋医学はアナログ的、と私個人は考えます。
     

    西洋は個々、分割、目に見えるもの、証拠 evidence を
    東洋は全体、統合、目に見えぬもの、直観 institution を、重要視します。


    Macintosh, iPhone, iPadの生みの親、Steve Jobsも東洋の禅が好きでした。彼が大切にしたのは直観 institution。ここから先は言わずもがな。東洋的思考は、これからの混迷の時代、世界で必要とされると確信しています。
     

    ・・・Macはデジタルでないの?・・・


    そぉ、焦るなって。後日、解答するぜぃ。

    燃えよドラゴン

    “Don't think! FEEL! It is like a finger pointing away to the moon.
     Don't consentrate on the finger,or you will miss all that heavenly glory.”


    「考えるな!感じろ! 指で空にある月を観るのだ。
     指先を見つめるのではない。
     指の向こう側に開ける、天なる栄光、光り輝く月を見失ってしまうから。」
    ブルース・リー『燃えよドラゴン』

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL