大寒 小沢健二「ある光」

2013.01.20 Sunday 06:56
0
    本日は、二十四節気の大寒です。今後、と密接な関係のある二十四節気も、折に触れ載せていきます。

    大寒は二十四節気の第24、つまり新しいサイクルが始まる直前に位置します。強いて五行で言えば、腎から肝へ移り変わる直前なんですね。腎は漢方、東洋医学においても、冷え、活動性低下、頻尿、沈鬱など陰証に関連があり・・・五行やら陰証やらは今後、少しずつね。

    「小寒の氷、大寒に解く」とことわざにありますが、気温データでは小寒よりも大寒の方が平均して約1℃低いようです。やはり大寒が1年で1番、寒いんですね〜。風邪に気をつけて。今年は例年よりもインフルエンザが流行るはずです。観測上の定義ではない初雪が、今年は早かったんです。そんな年は必ずそう。嘘つけっ!論文にあるかっ!という人もいるでしょう。でも、そうなっている。自然界の摂理。

    小沢健二。私の青春の1コマ。叔父は世界の小澤征爾(指揮者)、従弟に小澤征悦(俳優)・・・挙げるとキリがない親族がいる希有な人です。
    大寒で思い出した曲があります。バイクにも似た疾走感、環境音楽にも通じるグランジなギター。

    小沢健二「ある光」

    強烈な音楽がかかり 生の意味を知るような時
    誘惑は香水のように 摩天楼の雪を溶かす力のように強く
    僕の心は震え 熱情がはねっかえる
    神様はいると思った 僕のアーバン・ブルーズへの貢献

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM