2013年正月三部作-2 奥田民生「近未来」

2013.01.02 Wednesday 00:00
0
    マヤ暦による2012年人類滅亡説・・・何も起きませんでしたね。自分、全く信じてなくて人類滅亡とされた前日、大阪で師匠・友と歓談してました!

    昨日、「新時代」と書きました。
    奥田民生「近未来」は、2001年911&2011年311以前、2000年の発表曲です。預言的な曲と私は解釈しています。

    村上春樹『1Q84』同様、本物の才能は様々に解釈可能な文脈を残すもので、民生の意図はソコにはないのでしょう。曲調が明る過ぎます。

    アルバム【Goldblend】に収録されるこの曲、さすが【違いの分かる男】民生!

    911以降のパラダイムシフトは、今後も続くでしょう。長いスパンでは転換期。

    東洋哲学で「陰極まりて陽となる」「陽極まりて陰となる」とあり、そろそろ陰の時代に向かうでしょう。何のことやねん!と言われそうですが、満潮・干潮のようなモンです。TOYOの哲学、案外、新時代に役立つかもしれませんぜ。

    世界が悪くなろうがなるまいが究極的には、自分が将来確実に死ぬ事実、とは何の関わりもないこと。むしろ、この世知辛い世の中で、この肉体のまま永遠の命を与えられる方が、自分にとっては薄気味悪いことです(笑)。

    今ある生を感謝し、精一杯生きるのみ。面白きこともなき世をオモシロク!!

    奥田民生「近未来」

    新しい時代だそうだ 新しいのだそうだ
    詳しくは知らないぞ とにかく うっかりのんびりしない様
    嵐のように吹き荒れそうだ 災難を招きそうだ
    君だってあぶないぞ とにかく うっかりのんびりしない様
    あー教えてくださいよ 僕らの近未来を 緑の地球はどうなるの 
    なにかが爆発するかもしれないよ 愛と平和だけ捨てないでね

    category:ベクトル | by:坂本ヒロミツcomments(0)trackbacks(0) | -
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL