冬至 小沢健二「痛快ウキウキ通り」

2013.12.22 Sunday 22:00
0

    痛快ウキウキ通り今日は1年で夜が最長の日。そう、24節気の冬至夏至の裏返し。

    72候では今の時節は「乃東生(なつかれくさ しょうず)」。この「なつかれくさ」とは生薬でも用いる「夏枯草(カゴソウ)」のこと。やっぱり日本の風習、日常生活に生薬は溶け込んでいたんだねぇ。

    今日は原宿、青山、渋谷をハシゴしていた私。表参道ヒルズ近くに最近できた FLYING TIGER COPENHAGEN という雑貨屋さん、いやはやメチャクチャ混んでた!トホホ…約30分待ちで入店。

    「ここはディズニーランドか?店内の混み具合は年末のアメ横か?レジ待ちでまた並ぶんかい!」と一人ツッコミしてたぜぃ。日本人って本当に辛抱強いよねぇ。


    店を出たらもう夜?アレ?と思ったけど「そうか、今日は一番長い夜なんだ」と思い出したよ。表参道駅を利用する都合上、表参道のイルミネーションも眺めたんだけど、そりゃあまぁひどい人混みだった!警備員さんが各交差点で群衆に「車道で写真を撮るのはお止め下さい!」と連呼してたよ。

    わたしゃ、おのぼりさん、気逆の人(来年記事にする)が少ない正月にもう1回、ゆっくり行ってみることにするよ。
    クリスマスも近いことだし表参道といったら、こんな曲あっ!この曲、実はよくよく聞くと変。どこが変なのか分かる?クリスマスが明けたら続きを記事にするね。

    小沢健二「痛快ウキウキ通り」

    プラダの靴が欲しいの そんな君の願いを叶えるため
    マフラーを巻いて 街へ出て
    恥ずかしながらもウキウキ通りを行ったり来たり
    喜びを他の誰かと分かりあう!
    それだけがこの世の中を熱くする!
    降りしきる 雪の中 肝心かなめの夜はまだ
    クラクション鳴らして車が走ってく

    歌詞

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL