古典の重要性が増してきた、新たな時代。 世間を騒がす論文捏造に思う。 「一日は千年のごとく、千年は一日のごとし。」

2013.12.15 Sunday 22:30
0

    お前の話は昨日は記事更新できず、すまなかったです。会合など多忙で眠くって眠くってzzz 

    さて今後、古典が必要と思うのは以下のような理由ダス。あくまで私個人の考えなんで聞き流してね。

    # 情報が多すぎて、どれが雑魚(ざこ)か、どれが食える魚か判別が難しい時代となった。
    # 社会が複雑化すればするほど原典、原点、原則、原理を人は求める。
    # 単純系の情報過多はかえって理解に複雑性を増す。一方、近年必要性が増してきた複雑系は単純性を重視する。
    # 100年、1,000年で人間の体、本質は変わらない。
    # 約100年前から始まった、未だかつてない世界的人口爆発に科学は非効率すぎて対応できない。
      (コストがかかりすぎる)
    # 啓蒙主義、科学主義の影に潜む問題に人々が気付きはじめた
      (パラダイム・シフト)。
    # 意識しようとしまいと、これから中世の時代に戻っていく

    そんなところかな。消去法で古典が必要、という消極的な選択かもしれないが、西洋医学も東洋医学もその潮流をモロ受けると思う。今はジェットコースターの天辺。

    えっ?西洋医学に雑魚はいないだろう?と。 そうかな? 高血圧治療薬「ディオバン」の論文捏造に次いで、「子宮頸癌ワクチン」の論文が販売元の製薬会社社員が身分を隠して執筆していたと、つい最近ニュースになったけど…新聞読んでない?

    少なくとも172本の論文捏造をした麻酔科医iPS細胞の論文捏造で一躍有名になった森口氏いずれも昨年の話題だけど…まぁ氷山の一角でしょうな。

    わたしゃ他のワクチンは別として、「子宮頸癌ワクチン」だけはその存在意義が「つまらん!お前の話はつまらん!」と思っている医者で、実際今まで1名たりとも接種はしたことがないんですが何か?今回のニュースを読んで「ほら、まぁそうだよね」と思ったよ。

    不特定多数とSEXしない方がよっぽど子宮頸癌になるリスクを減らすんだけどね。ヒトパピローマウイルス(HPV)って型がたくさんあるから。ほらアデノウイルス、インフルエンザウイルスが大人でも重症化するのと同じだわ。

    君もあんまりCM、新聞などのメディアを過信しない方が良いよ。311直後の原発爆発、その後のメディアのアタフタぶり、あれも氷山の一角でしょうな。

    「愛する者よ、汝(なんじ)らこの一事を忘るな(わするな)。主の御前には一日は千年のごとく、千年は一日のごとし。」(新約聖書 ペテロ第二 3章8節)

    「空の鳥を見よ、播かず(まかず)、刈らず、倉に収めず、然るに汝らの天の父は、これを養ひたまふ。」(新約聖書 マタイによる福音書 6章26節)


    医学部時代、電線にとまって羽を休めているスズメを見ながら、私こんなことを考えた…
    『1,000年を1日』と感じる存在、神がいるとしたら、このスズメと私が過ごす2日間って2,000年として神はとらえるんだろうなぁ」と。「そうか!こいつ2日前にイエス・キリストって男に会っているのかもしれねぇな!オイ、そこのスズメ!あの人の顔、覚えてるか?

    まぁ戯れ言ですな。でも今自分が、リアリティに満ちたものとして古典を嬉嬉と読んでいることと、医学部時代の天が啓けたような感動とが全く無縁ではないような気がするんだよね。特に無名性、匿名性のある古典、つまり作者不明の古典ほど読んでいて感動するんだねぇ。昨今「俺、俺」と捏造論文をジャカジャカ垂れ流している業界よりも、よっぽど意味がある、ね。

    ということで、明日は次の小沢健二 - 久米宏 インタビューの内容について続きを。

    人間、100年くらいでそんな変わらないだろうと思ってるんで。…テヘッ!真面目ですね。」(小沢健二)

    category:ベクトル | by:坂本ヒロミツcomments(0)trackbacks(0) | -
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL