今日は満月。ブログ開始1年をふりかえりながら… 小沢健二「天使たちのシーン」

2013.12.17 Tuesday 17:30
0
    dogs今年も残り2週間。私は昼の仕事は学会に向けてガツガツやってるけど、夜の仕事はユルユル。すでに年末年始モードに入ってるけど、君はどう?

    記事も年末に向けてユルイものにしていくつもり。なので気滞、気逆の続きは年明けにする予定ダス。

    今日は今年最後の満月。あいにく太平洋側の一部しか見えないようだけど、満月といえば小沢健二の曲「ローラー・スケートパーク」

    「誰かがあくびをしていつか眠る時も 満月はずっとずっと照らしてる 通りを渡る人の波の中 シンコペーションつけたクリスマスソング

    他、月が歌詞に登場してさらにグッとくる曲なら同アルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』収録、「天使たちのシーン」

    時間の種類にはクロノス、カイロスがあることを以前の記事に書いたけど、この曲もカイロスを意識してるんじゃないかな?

    「夏」が「瞬間」だったり…「風船」の「行方を気に」して天・宇宙・永遠を意識させたり…つまり 「一日は千年のごとく、千年は一日のごとし。」 のように時間が変質するんだね。「気」の観方でみえてくる世界。ジャケット(写真)から感じるのも風つまり「気」なのかも、ネ。

    ところで、おばあちゃんを診察すると、時々「乙女の恥じらい」のように両手を胸の前に重ねて頬をポッと赤らめる方がいるんだけど、私もポッ!(笑) たぶんカイロスなんだよね。 いつまでたっても女性は乙女、女の子の面があるんだな。

    そんな彼女に自分の現実を分からせるべく手鏡を渡すなんてぇのは…野暮ってもんよ!乙女のままでいさせりゃいいんだな。医療は医学だけでは成立しない、つまりアート(Ars, 芸術)なんだね。

    俯瞰的でありながら主観が消えていない、俳句のような本当に美しい曲だと思う。 ブログを始めて1年。少し感傷的になってるんダス。ワタス。

    小沢健二「天使たちのシーン」

    涙流さぬまま 寒い冬を過ごそう
    凍えないようにして 本当の扉を開けよう カモン!

    月は今 明けてゆく空に消える
    君や僕をつないでる緩やかな 止まらない法則 ずっと

    神様を信じる強さを僕に 生きることをあきらめてしまわぬように
    にぎやかな場所でかかりつづける音楽に 僕はずっと耳を傾けている

    歌詞

    category:Music | by:坂本ヒロミツcomments(0)trackbacks(0) | -
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL