東洋医学への頭作り:解答3 なぜ「右岸」ではなく「左岸」?

2013.01.26 Saturday 00:00
0
    昨日の出題は、なぜ「右岸」でなくて「左岸」なのか?でした。


    結論から言うと、左が西、太陽の沈む方角、陰だからです。もっと言うと、肉体的な愛よりもストイックな愛を歌っているからです(ただし私個人の解釈です。私が知る限り幸宏さんはこの曲に対し、コメントしてません)。

    主人公は、川の左岸を海に向かって、「君を愛しながら」歩きます。恋する人がいるのでしょう。ところが「(左岸で)君を忘れながら」「(左岸で)骨になる、泥で顔を洗う」

    ・・・ウン?何かおかしいぞ? また「向こう岸(右岸)は君と、昔、住んでいた」「向こう岸(右岸)に僕の肉が迷っている」とあります。


    どうも対岸である右岸に、主人公は肉(体)を置き忘れてきたようで・・・水の流れない川、さび付いた船、ついに君に触れたことなし・・・曲調が長調で違和感がないのですが、字句通りに解釈すると主人公は既に他界したようです。

    左岸は「来世」、右岸は「この世」、2つの世界をかろうじて隔てる干上がった川。
    しかし、左岸の世界を夢、精神世界とすると、現世で特定の女に恋い焦がれる男の夢うつつ・・・とも解釈可能で、最高のLove Songとも言えます。男の熱情が川の水を蒸発させたのかも。

    もっと評価されて良い名曲です。発表当時、幸宏さんがパーソナリティを務める「Four Roses 高橋幸宏 SOUND BAR」というラジオでこの曲が流れ、未成年の自分はFour Roses(バーボン)を飲んでもいないのにknock out!されました。バブルの真っ只中、このような陰の曲を歌ったこと自体がすごい!浪人中だったためか、心に沁みました。

    通常の地図を見るように、北を前にした者にとっては、太陽が昇る東は陽、夕日が沈む西が陰、つまり右が陽(東)、左が陰(西)となります。ほら孫悟空は『西遊記』で「西天取経」を目指すでしょ。昔の東洋人は西方に極楽浄土がある、と考えたんです。また題名通り、陰なる西でも遊ぶ精神性、余裕があったんですな。


    一方、同じ東洋医学の世界でも「右は陰、左は陽」と逆にする場合があります。これは王様、帝(ミカド)が関係し、京都のあちこちにヒントがあります。
    この続きは後日

    ちなみに幸宏さんはサディスティック・ミカ・バンドYMOのメンバーで邦楽を輸出した人、人間国宝に認定すべき人です。


    高橋幸宏「Left Bank[左岸]」

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL