「びょうきはきらいだ」小学1年 坂本ヒロミツ

2016.01.10 Sunday 15:00
0

    作文1「これは、あなたのさいふですか?」は、私が実家で大掃除した後に起きた惨事だったわけだけど…

    まぁいろいろ懐かしいものが出てくる!出てくる!

    この作文もその1つ。小学校1年の2学期末に書いたと思われる、私の作文

    以前、自己紹介(全6回-1)で述べたように私、幼少期に死亡もしくは植物状態になってもおかしくなかったんです。

    小学校1年生の時、病欠期間があまりに長いため留年するはずでした

    ま、詳しくは作文を読んでみてちょうだいな。


    作文2

    作文3

    作文4

    作文5

    作文6長文、おつかれ様でした。学会発表風に書くとこんな感じでしょうか。

    【症例は6歳男児。
    主訴は易感染症。既往歴に特記事項なし。現病歴です。X年3月、風疹性脳炎に罹患し某国立病院に入院。1週間持続するJCS3ケタの意識障害を伴いました。同年4月上旬に退院。

    以後麻疹、肺炎を含む反復する気道感染症、気管支喘息などにより入院を繰り返しております。…現症は…】

    …現在、彼はF10ライダーとなり、さっそうと世の中を走り抜け続けています…とかなんとか笑

    作文に出てくる小林先生は、私を留年とするか否か職員会議で検討中に「●●君なら大丈夫!」と発言し、それを阻止してくださいました。もうこの世にはいない先生。本当に感謝しています。


    「『僕はもうダメなんだ』と布団の中で悲しくなって泣きました。」

    「でも、何等でもいいんです。僕は自分の力で走ることができたのです。
    とっても、とっても、とっても、嬉しかった。」


    …う〜ん。それにしても、宮沢賢治の小説にでてくるような、絵本のような文章ですなぁ笑

    よーし!やるぞー!これからも!
    そして、死ぬときにもう一度思い出してみようと思うダヨ。
     

    「でも、何等でもいいんです。僕は自分の力で走ることができたのです。
    とっても、とっても、とっても、嬉しかった。」

    category:自己紹介 | by:坂本ヒロミツ | - | trackbacks(0) | -
    Trackback
    この記事のトラックバックURL