"May the Force Be With You"(モレスキン手帳STAR WARS版) ダース・ヴェイダーは三船敏郎

2013.01.04 Friday 23:59
0
    モレスキンの手帳、STAR WARS版が本日、届きました。嬉しくてブログの本質、見失ってます。
     
    "I have a very bad feeling about this."
    新時代にふさわしいセリフ。

    I have a very bad feeling about this
     

    「フォースの導きがあらんことを」カード入ってました。
    年明け早々、幸先が良いやっ!!てなもんです。

    May the force be with you


    ・・・東洋とSTAR WARS?何も関係ないよね?
    いえいえ、ダース・ヴェイダーのあの姿、佇まい、あれは三船敏郎です。

    三船敏郎は「七人の侍」でも重要な役回りを演じた名優。彼の演技に惚れ込んだジョージ・ルーカス監督は、彼に是非、STAR WARSに出演してくれ!と懇願します。結局、何度も彼に断わられたルーカス監督は、兜をかぶった三船敏郎をイメージして、あのダース・ヴェイダーを作り上げたそうです。

    いつもは普通のモレスキンなのに、今回、STAR WARS版にしたのは、昨年買った本『ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』がきっかけです。表紙からして悪役を泣く泣くやっている『泣いた赤鬼』のような、表紙を開ける前から涙腺が緩んでしまうような、ウッウッ(←嗚咽してます)って感じです。著作権の関係で中身をお見せできないのが、残念です。

    もともと父親と確執のあったルーカス監督が、dark fatherをもじってDARTH VADER(オランダ語で父親)と命名したキャラがダース・ヴェイダー。

    ルーカスフィルム公認のこの本に、ルーカス監督も目を通したと思います。
    その時、彼の胸に去来したものが、熱いものであったのではないでしょうか。

    表紙のルーク少年、アイスクリームを案の定、落としてしまうのですが・・・その後のダース・ヴェイダーがいとおしいです。

    海外で作られたのに侍の本質を分かっている。和を感じさせる本。おすすめ。

    ダース・ヴェイダーとルーク

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL